​住宅改修の設計・施工

housing_example.jpg

住宅改修とは、手すりの取付け、段差の解消、洋式便器への取り換えなど、所定の小規模な住宅改修を行ったときに、介護保険から一人につき限度額内で(うち利用者負担もあります)その費用が支給されるという介護サービスです。なお、限度額に達するまでは数回に分けてもかまいません。また、介護保険の住宅改修費を受給するには、改修工事前に市に「事前申請」をすることが必要です。事後申請には適用されないので注意が必要です。

​(福祉住環境コーディネーター2級の資格を有するスタッフもいます。)

​また、介護保険適応外の工事も出来る限りの対応をさせて頂きますのでご相談ください。